他に類を見ない戦艦: 4隻のアイオワ級戦艦

アイオワ級戦艦は 、第二次世界大戦時に空母部隊を支援する為に1939年と1940年にアメリカ海軍が建造を命じた6隻の高速戦艦です。戦艦アイオワ、戦艦ニュージャージー、戦艦ミズーリ、戦艦ウィスコンシンの4隻は完成しましたが、戦艦イリノイ、戦艦ケンタッキーの2隻が建造中止されています。アイオワ級戦艦は、1940年代半ばから1990年台前半にかけてアメリカが参戦した4つの主な戦争に出動しました。

iowas

(写真手前から 戦艦アイオワ(BB-61)、戦艦ウィスコンシン(BB-64)、戦艦ミズーリ(BB-63)、戦艦ニュージャージー(BB-62)。)

アイオワ級戦艦はアメリカが建造した最大級かつ最後の戦艦です。4隻は装甲部に多少の違いさえあれど、ほぼ同じ構造と特性を持っていました。3砲塔9門、50口径16インチ(40.6センチ)の主砲は米国で建造された最大級のもので、各門から1分間に2発の割合で発砲される約1.2トンほどの砲弾は、37キロメートル先までほぼ正確に到達します。6砲塔12門、5インチ(12.7センチ)の副砲は、各門から1分間に15発の割合で発砲される約25キロほどの砲弾は最大14.5キロメートルまで到達します。

戦艦ミズーリには厚い側面装甲が施されているように、アイオワ級戦艦は海上での対艦決戦を予期してデザインされましたが、第二次世界大戦や朝鮮戦争では対陸上射撃が主な攻撃における役割となり、第二次世界大戦では空母への艦対空の護衛が主な守備における役割でした。沖合での戦闘に備え、燃油分が約946万リッター、航空燃料分が約13万リッター、水は約76万リッター積載可能でした。スクリュープロペラは、内軸に直径約5.3mの5枚翼が2基、外軸に直径約5.5mの4枚翼が2基あります。これらのプロペラによって長時間の海上決戦が可能でした。仮に普通乗用車が300馬力あるとすると、アイオワ級戦艦は21.2万馬力もありました。

ships

(左:戦艦ミズーリ(BB-63)、右:戦艦アイオワ(BB-61)。1945年8月20日、日本海沖にて9月2日に行われる降伏文書調印式の準備の為、戦艦ミズーリから戦艦アイオワへ兵員の移動を行っているところです。

アイオワ級戦艦は様々な意味でアメリカ文化の象徴となりました。戦艦は制海権と国家権力の象徴でした。数十年に渡り、これらの戦艦は外交と軍部戦略の主要な役割を担ってきました。今日、戦艦は私たちのとても大切な歴史の一部であり、後世にその歴史を語り継ぐため4隻全てが記念艦や博物館として公開されています。

アイオワ級戦艦を更に詳しく知るには、それぞれのウェブサイトをご覧ください。:
戦艦ミズーリ記念館: https://ussmissouri.org/jp
太平洋戦艦センター(戦艦アイオワ): http://www.pacificbattleship.com/
戦艦ニュージャージー博物館&記念館: http://www.battleshipnewjersey.org/
ノーティカス財団(戦艦ウィスコンシン): http://nauticus.org/battleship-wisconsin/

広告

投稿者: senkanmissouri

歴史的な過去と現代の技術の共存する船、戦艦ミズーリは、訪れた人々に歴史の痕跡と真実を巡る機会を提供する記念館として一般公開されています。戦艦ミズーリ記念館は展示物、過去の記録、ツアーなどを通じて、皆さまに艦上での生活について詳しく学んでいただけます。現在公開されている戦艦上の多くの部分は、ミズーリ号が就役していた当時の状況をほぼ忠実に再現しています。当時の戦艦内の設備や生活の様子などをご自身の目で確かめに、ぜひご来館ください。

コメントをどうぞ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中